たわわタウン谷山

たわわレシピ
  • 旬食材 レシピ
  • イベント レシピ
  • たわわタウン 登場レシピ
キーワード検索
お正月メニュー☆田作り
お正月メニュー☆田作り

田作りには稲の豊作を願う気持ち、五穀豊穣の願いが込められています。

材料 (6人分)(分量)(目安)
食べるいりこ(小さいもの)50g1/2P
砂糖6g小さじ2
こいくち醤油18g大さじ1
みりん27g大さじ1.5
白ごま3g小さじ1
ポイント
既製品の田作りを買っても余らせてしまいませんか?必要な分だけ少量手作りしましょう!そこで重宝するのが最近流行の【食べるいりこ】!形も綺麗ですし、普段食べている人はそこから少し取って、食べた事がないという人はおせち用に買って、残りはおやつにできますね♪
印刷
ジャンル
栄養価(1人あたり)
エネルギー48kcal
たんぱく質5.7g
脂質0.8g
炭水化物3.3g
食物繊維0.1g
食塩相当量0.8g
作り方
1

フライパンに紙を敷きます。A4用紙でいいです。(裏紙可)

その上に食べるいりこを乗せて炒ります。両手で持ち上げるようなイメージ。それが出来る火加減で。

 

紙が茶色く焼け始める程度が炒り時間の目安。

2

小鍋で調味料を沸騰させ、1を入れます。炒る作業で出てしまったクズは入れないこと!

 

いりこに絡むように煮詰めたらゴマをふり完成です。

3

【いりことごまめ】

お正月の田作りに使われるカタクチイワシ。

 

今回はいりこを使いましたが、厳密には『ごまめ』という種類を使います。

 

 

4

その違いはいりこは乾燥させる前に火を入れ、ごまめは火を入れないところ。獲れたカタクチイワシをそのまま天日干しにします。ごまめは漢字で五万米と書くことから、稲の豊作を願った田作りに使用されます。

5

【A・コープクッキングサポートで紹介したレンジで田作り☆】

・いりこを耐熱皿に広げ、ラップ無しで500W1分20秒加熱。

 

・別の耐熱皿に調味料を入れ500W50秒加熱。

 

・2つを合わせ、ゴマを入れて500Wで更に20秒加熱して完成。

1

フライパンに紙を敷きます。A4用紙でいいです。(裏紙可)

その上に食べるいりこを乗せて炒ります。両手で持ち上げるようなイメージ。それが出来る火加減で。

 

紙が茶色く焼け始める程度が炒り時間の目安。

2

小鍋で調味料を沸騰させ、1を入れます。炒る作業で出てしまったクズは入れないこと!

 

いりこに絡むように煮詰めたらゴマをふり完成です。

3

【いりことごまめ】

お正月の田作りに使われるカタクチイワシ。

 

今回はいりこを使いましたが、厳密には『ごまめ』という種類を使います。

 

 

4

その違いはいりこは乾燥させる前に火を入れ、ごまめは火を入れないところ。獲れたカタクチイワシをそのまま天日干しにします。ごまめは漢字で五万米と書くことから、稲の豊作を願った田作りに使用されます。

5

【A・コープクッキングサポートで紹介したレンジで田作り☆】

・いりこを耐熱皿に広げ、ラップ無しで500W1分20秒加熱。

 

・別の耐熱皿に調味料を入れ500W50秒加熱。

 

・2つを合わせ、ゴマを入れて500Wで更に20秒加熱して完成。

このメニューにおすすめの組み合わせ
新着レシピ
2017.03.10
2017.03.10
2017.03.02
2017.03.02
2017.02.24
2017.02.24
2017.02.17
2017.02.17
2017.02.10
2017.02.10
ページのトップへ